自分のライフスタイルに合わせることができる仙台での派遣の仕事

SITEMAP

男性

派遣社員として働くメリットについて

仙台で派遣社員としてのメリット。それは、自分のライフスタイルに合わせることができるということが、一番のメリットではないかと考えています。普通の社員の方であったら、しっかりと定時にきて、定時帰るというのが主ですが、派遣は自分の行きたい時間を選べるというのが、一番良いところではないかなと思います。私自身、仙台の工場で一年間近く派遣社員として働いていますが、四つの時間帯から選ぶことができます。
早朝、昼間、夕方、深夜、どれをとっても良いのです。例えば、明日夜まで遊ぶ予定があるといったときに、深夜に働いたこともありました。また深夜になると手当もつくので、一石二鳥です。そして一番いいなと思うのが残業です。普通の社員さんであれば、自分の仕事が勤務時間内にできなかったとすれば、残業をせざるを負えません。またこれはサービス残業となるときもあるのです。しかし派遣社員はどうでしょうか。しっかりと定時に終わることができますし、ましてや今日のノルマをクリアしたら定時前に上がることもできます。
もし仕事が追い付かなかったときはしっかりと手当も出ますし、文句の付けどころがありません。しっかりと時間通りに進んでいくので、仕事終わりの予定なども立てやすいのです。このように仙台での派遣社員はメリットが多く、快適だと私は考えています。

稼働日数と納税

仙台の派遣で働く時に気を付けたいポイントは、月の出勤日と納税です。派遣で働くということは、月の出勤日がダイレクトにお給料に響いてきます。土日祝日休みの会社で勤務する場合、ひと月の出勤日が少なくて18日、多くて22日と変動します。ゴールデンウィークやお盆・年末年始は、会社自体がお休みになり、余程のことでない限り、休日出勤とはなりません。ともすれば、合間の平日と祝日をくっ付けて、大型連休になる可能性もあります。派遣の場合、その合間の平日に有給休暇を充てなければならない場合もあります。ひと月の稼働日数をきちんと把握し、有給休暇を効率良く使うことが大切です。仙台の派遣先に年間の休日一覧などがある場合、コピーをもらえればベストです。
次に、市民税や県民税の支払い時期を把握しましょう。派遣会社に社会保険は完備されていても、税金の支払いは役所からの郵便で通知が来て、自分で払わなければなりません。派遣会社は、税金に関してはノータッチです。市民税や県民税は年に4回の分割出来るような振り込み用紙が届きますが、派遣で働く場合はボーナスもありません。まとめて1年分支払ってしまうか、定期的に支払うかの計画を立てて、きちんと納税しましょう。
最低でも上記のポイントを押さえておけば、仙台での派遣は、ある意味束縛もなく自由です。正社員のような責任もありません。しかし、契約更新になるよう、日々仕事に対して真摯に向き合う姿勢が大事です。

派遣会社によって待遇が違います

私が仙台で初めて務めた派遣会社の話をさせて頂きます。新しく倉庫を建てるということで立ち上げ派遣スタッフを募集していた仙台の会社に私も応募して働き始めました。ここはいろんな派遣会社が集まって働いており、私はその中の1つの派遣会社で働きました。時給はフォークリフトを乗っての作業で1,200円、保険は無し。交通費500円。という条件でした。私は前回の契約社員の仕事が保険がなかったため、派遣社員はそういうものと思って働いておりました。
しかし、他の派遣会社の人にいろいろな話を聞いてみると、同じ自給で保険も交通費もあるというのです。私は疑問に思い、雇い主の親会社の人に相談。すると「保険を払ってもらうつもりで、こちらからはどこの派遣会社さんにも同じ金額の1,500円を払っているよ」と言うではありませんか。ここで私は同じ仕事内容で同じ自給でも福利厚生などの条件が派遣会社によって違うことを知り、派遣の仕事を選ぶときは金額だけでなく、その他の条件などを参考にして探すということを学びました。
しかもそこは、仙台だけでなくいろいろな県にも会社のある派遣会社でしたので、派遣で働いてみて学んだことは派遣会社の大きさは関係がないことも学びました。


派遣される場所によって待遇が異なるということは多々ありますが、高待遇な派遣は仙台にあることが多いので、働きやすさはかなりのものであるといえるでしょう。いまの仕事に満足していないのなら、仙台で派遣として働いてみるのもよいのではないでしょうか。

TOP